アイスランドで愛される食材たち

アイスランドでは、いったいどのような食材がとれるのでしょうか?

海・山・火山・氷河など様々な自然で魅せてくれるアイスランド。そんな自然豊かな国ではどのような食材が愛され食べられているのでしょうか。

今回は、アイスランドで愛されている大自然が生み出した食材をご紹介します🌿


 

【ラム肉 (Icelandic Lamb)】

ラム肉は臭い!というイメージを持つかたも多いのではないでしょうか。でも、アイスランドのラムを食べたらその臭みのなさにきっと驚くはずです。

ストレスのない環境で、上質な水とナチュラルで豊富な食糧を食べ育ち、どのラム肉も月齢が4-5か月と若さが臭みが抑えられているワケなのです!

5月に生まれた仔牛は数週間後には安全で美しい大自然に放され、自由に動き回りながら上質な水と野生植物やハーブを食べのびのびと育ちます。
また、1000年以上も前にヴァイキングによってはじめて持ち込まれた羊の原種を、現在も交配がなされないまま守られ続けているので"古代種"とも呼ばれます。

生産される約8割は国内消費されるほど、長年アイスランドの食生活を支え、欠かせない存在となっているラム肉。
アイスランドで愛される伝統的な家庭料理といえば「キョートスーパ」ですが、これはラムをつかった煮込みスープです。どの家庭でも愛され、その家庭それぞれの味があるスープは、日本でいう味噌汁といったポジションでしょうか。
シンプルなスープですが、高たんぱく、低脂質で栄養豊富なラム肉からエネルギーをもらえる一品です。



【ロブスター (Humar)】

アイスランドのロブスターは我々日本人が想像する伊勢えびとは異なり、手長エビ「スキャンピ」のことを指します。水産業が盛んなアイスランドでは、各所でロブスターが水揚げされています。

ロブスターは驚くほどのエビの濃厚な味わいとプリっとしたした食感を持ち、シンプルにバターとガーリックでグリルするのもよし、ビスクにして旨味を凝縮し味わうのもよし。

首都のレイキャビクには美味しいシーフードレストランがたくさんあるので、ぜひ訪れた際は、アイスランドロブスターを味わってみてくださいね!



【スキール (Skyr)】

最近、日本のコンビニでも見るようになった「スキール」。みなさん食べたことありますか?
スキールは、アイスランドではおなじみの乳製品で、スキムミルクから作られる伝統的なフレッシュチーズです。チーズの一種ではあるのですが、若干酸味あるあじわいと食感はヨーグルトといった感じです。
もっちりとした弾力で食べ応えがあり、低脂肪、低カロリー、高たんぱく、高カルシウムといった健康発酵食品でダイエットにはうれしい一品です!私もよくお世話になっています。

実は、スキールには長い歴史があり、現在のアイスランドの地に入植したヴァイキングが、冬場、スキムミルクをかけた保存食の樽の周囲りに発酵してできた副産物を、空腹をしのぐために食べたのがはじまりといわれています。
アイスランドの歴史において、飢饉から生き延びる食糧にもなりました。

アイスランドの歴史の上でも、日常生活、そして健康にも欠かせない、愛され続けるスキールです。



【ブルーベリー (Blueberry)】

ブルーベリーは、唯一アイスランドに自生する果実です。
野生のブルーベリーは近所の土手など、いたるところに生えおり、アイスランドでは8月中旬を過ぎるとブルーベリー摘みがはじまります。
ベリー摘みに規制がないので、秋口にアイスランドに行けばブルーベリー摘みが楽しめますよ。早い者勝ちですね。
ただ、アイスランドのブルーベリーは地を這うように生えているので熊手など専用の道具を使わなければ、腰が痛くなりそうです...。

収穫されたブルーベリーは、シリアルや乳製品と一緒に食べたり、ジャムや料理のソースにしたりと重宝されています。不毛の土地といわれるアイスランドの地で収穫できる貴重なビタミン源なのです。


【パフィン (Puffin)】

アイスランドと検索すると出てくる、日本では見たことない鳥。オレンジ色の足とオレンジ色の模様がかったおしゃれなくちばし、困り顔のようにも見える目の周りの模様が印象的で、アヒルとペンギンを足した可愛らしさがあります。

パフィンは野生の渡り鳥で毎年4月下旬ごろアイスランドにやってきて、営巣し子供を産み育て夏の終わりとともに去っていきます。
そして、このかわいらしい鳥は食用でも親しまれています。お肉は鶏肉とは違い、鹿肉のような赤身の強い肉で、少々クセのあるあじわいです。
ぜひアイスランドに行った際にはお試しあれ!


 

以上、アイスランドで愛される食材をご紹介しました。
日本でも味わえるものもあるので、ぜひアイスランドの味をお楽しみください!
アイスランドでしか味わえないものは、ぜひアイスランドに行った際はご賞味くださいね✨